2018年01月13日

Horrido!



Jägerbataillon 91


 最近はもっぱら買い物ネタばっかりだったのでたまにはこういう記事も書かなければいけない、はず。
 2015年の再編で新しく誕生した部隊の一つ、Jägerbataillon 91について。大隊パッチを入手したのでこの機会に(結局買い物ネタ)。

 さてHeer 2011計画に基づいて大幅な再編が行われた陸軍ですが、変更点を片っ端から挙げていくとキリがありませんので、新設された主な猟兵大隊を見ていきますと、

・第1猟兵大隊/JgBtl 1(PzBrig 21):JgRgt 1から再編
・第91猟兵大隊/JgBtl 91(PzLBrig 9):LogBtl 3とFmRgt 1から再編
・第413猟兵大隊/JgBtl 413(PzGrenBrig 41):PzBtl 413から再編
・第921猟兵大隊/JgBtl 921:JgRgt 1から再編された予備大隊

 このように予備大隊を含め4個大隊増えており、既存のJgBtl 291、JgBtl 292と合わせて6個大隊とかなりの規模に。
 (第1猟兵連隊は解隊されて素材として再利用。空中機動能力を伴った連隊コンセプトはあまりうまくいかなかったのでしょうかね?)
 全体的に見ると編成も装備もコンパクトにして小回りを良くしよう(あるいは予算を減らそう)といったような思想が感じられます。

 これら新生の4個大隊は予備大隊であるJgBtl 921を除くとオーソドックスな歩兵大隊構造になっております。
 すなわち、第5中隊として重猟兵中隊を伴う5個中隊編成です。さらに新兵教育中隊(第6中隊とは呼ばない)も持っています。
 基本的には以前取り上げたJgBtl 292の構造に近いものと考えられますね。

 JgBtl 921は4個中隊編成で、所属する隊員は陸軍補強戦力(ErgTrT Typ 2)という特別な指定を受けた予備役です(地方コマンド下にあるRSU中隊や動員計画の無い一般予備役とは異なる枠組み)。


 さて本題であるJgBtl 91ですがその数字から読み取れるように第9装甲教導旅団(PzLehrBrig 9)に属しています。
 「91」は第9旅団の1番目の大隊という意味で、第92装甲擲弾兵教導大隊(PzGrenLehrBtl 92)や第93戦車教導大隊(PzLehrBtl 93)とは兄弟のような関係に。教導旅団所属ですが猟兵教導大隊とは呼ばないんですよね。それに関しては同じ旅団に属する(同じタイミングで第33戦車大隊から改編された)第33装甲擲弾兵大隊も同じですが、こっちはプーマやIdZ-ESを運用したりとかなり教導大隊っぽい仕事をしています。JgBtl 91については特に装備が充実した様子は見られませんので、さほど特別扱いはされていないのでしょう。
 とはいえVJTF(NRF内の即応部隊枠、つまり即応部隊の即応部隊)に指定されたぐらいなので期待度は高いようです。
 ベースになった部隊は第3兵站大隊(LogBtl 3)と第1通信連隊(FmRgt 1)で、それぞれ部分的に人事異動されたほか、その以外の部隊からも人材が合流したようです。
 車両や大型兵装はJgRgt 1から由来したか、保管品を引っ張り出してきたと考えられます。
 (解体されたJgRgt 1の重猟兵中隊は2個、対して新設された重猟兵中隊が3個となるので、ヴィーゼルや120mm迫撃砲などは別のどこからか補充せねばなりません。降下猟兵大隊が連隊化する際に2個重降下猟兵中隊が削減されているのでそのあたりから?)

 第9旅団の1番目の大隊といえば、かつては第91戦車教導大隊(PzLehrBtl 91)が存在しましたが大分前に無くなっているのでJgBtl 91との直接的な関係はないでしょう。
 むしろ部隊章の意匠となっている「死んだ鹿の頭部」はかつてベルリンのコマンド下にあったJgBtl 1(JgBtl 581からの改名なので現在のJgBtl 1とは別物)を想起させますね(まぁこっちも直接は関係ないんでしょうが)。
 
 「死んだ鹿の頭部」といえばもう一つ、"Jägermeister"も連想しますがこちらは猟師の守護聖人が由来とあって猟兵そのものとの関連も見出せそうです。
 JgBtl42なんてもろにJägermeisterですしね。




(Foto : Bundeswehr)


 前述のように、少なくとも個人兵装はあまり充実していないように見えます。銃も古いまま。
 JgBtl 291みたいにIdZ-ESが供給されているわけでも、JgBtl 1のようにテスト運用部隊を持っているわけでもないので、まぁこれが猟兵部隊の標準的な装備体系なのかもしれません。
 上に示したのは戦闘中隊の様子ですが、部隊予算や個人で買った民生装備品か、そうでなければS95のような基本キットといった感じ。
 VJTFの指定もあって今後中央予算による豪華な装備が供与される見込みもありますが(PzGrenBtl 371みたいに)。実際その影響かBoxerとの露出も増えました。


 一見シンプルに見えてなかなか奥が深そうな猟兵部隊。今後の活躍にも注目したいところです。
 
 趣旨はずれますが、かつて地域コマンド下にあった予備猟兵大隊やHeimatschutzbataillonも掘り下げていきたいところ。


Joho!

  

Posted by Nekotin at 17:36Comments(0)編成とか

2018年01月01日

Kajak Chest Rig





Fernspäherによる着用例が知られている、いわゆるカヤックリグ

欲しいチェストリグTOP5に入っていた品ですがこのたび入手







90年代よりArktis製品の販売をしていたショップ"Survival Equipment"(以下SE)のオリジナル商品。

オリジナルとはいえどことなくArktisっぽさが否めない。製造はArktisに丸投げなのかも。

さてカヤックリグとして知られているこのチェストリグ、俗称通りカヤック乗り向けの商品。
雑納を正面に配置し脇腹を薄くすることで乗り降りに支障の無いよう設計されています。

一応の正式名称は"SBS Chest Rig"で、SBSはあの英海軍の部隊のことみたいです。
SBSチェストリグと対をなす商品(?)としてSASアサルトベストというものもありました。







雑納(ユーティリティポーチ)を正面に配す大胆なデザインが一番の特徴。
バックルの類は基本的に古風な黒ですがマグポはスパニッシュタブ。







マグポにはスパニッシュタブ基部にエラスティックを追加する小改造が。
わずかな延長ですがMP5のような長いマグも収納したかったのでしょうか。

このスパニッシュタブの取り付けにもいくつかバリエーションがある様子。







反対側はどんな事情があったのかちょっと拙い……

この2か所のマグポはKSKベストのようなドロップダウン型。







ハーネスのエラスティックは伸びきってビロビロです。当時包帯などを詰めていたのでしょうが。
ここのエラスティックにも幅の太いもの、さらに黒いものなどでバリエーションがある様子。

ポーチの上には紛失防止ランヤード用(?)のD環、Schlämmkreideの痕跡が見られます。







背中のクロス部分はYKKのドイツ法人によるプラ部品。






この手の品ではなじみ深い裏地ポケット。

ファスナーは騒音対策のためかパンツァーテープ巻き。







右身頃にはエラスティックのホルダー。






よれた裾ゴムとループが入ってました。






左身頃には隠しホルスター。P8は上手く入らなかったのでP2A1用か。





使用例……はそんな大したものではないので書籍を参考にしてください。
カヤックリグという割には水回りでの着用例は見つけてないんですよね。

デザインがデザインなのであまりマルチに使えるものでもなさそうですし。
(集団的な着用例はあるのでもっといろいろ見つかっても良さそうなもの)


SEにはFernspähkompanie 300出身のアドバイザーが在籍していたということですので、
その元隊員の経験やアイデアがこのリグの設計に反映されたと考えると興味深いですね。

またSBSチェストリグは04年秋ごろまでSEショップで誰でも買うことが出来たといいます。
今回入手したものには特にタグのようなものはなかったのですが納入版はタグ付な模様。
(ということはここで紹介したものは民生版?)

余談ながら、その頃SEのオーナー(BW出身)がJKディフェンス(JKD)に引き抜かれました。
その後07年頃にSEからSabreに名前が変わり正式なJKDブランドとして扱われるように。



元オーナーが現在Woolpowerのドイツ法人代表だったりでいろいろとアレなものを感じます。
その元オーナーがFSK 300出身なんじゃないかとか考えてみたり。退役時期も一致するし。





最近またFernspäher熱が高まっているので拡充していきたいですね。



Tschüs!!

  

Posted by Nekotin at 10:23Comments(0)ブンデスナイロン

2017年12月24日

魍魎の匣



        ! !






NSN付のトレイルボックス(Kunststoffsteckbox)

小型の防水ケースですね。







ミルテック製との比較。今ショップにあるのは大体ミルテックなので注意が必要。
ミルテックの方が若干"緑"感が強く蓋の合わせもガバガバ。







底面にはBUND印とNSNがモールドされています。(ミルテックはミルテック)

構造上どうしても隙間が生じ完全な防水にはならないのですが、だとしてもミルテックはあんまりだ。







中身入りです。どうも官給サバイバルキット&民生物資の寄せ集めらしい。
トレイルボックス自体が官給サバイバルキットに含まれるものですしね。







まずは耳栓、ハワードレイトのBilsomです。

カンプホーゼのナイフポケットから出てきたものと同じな模様。







「さっき俺らが飛んでるときチラチラ反射してただろ(因縁)」

太陽光を反射してレスキューサインを送るためのシグナルミラー。
官給モデルにもキットや年代によっていくつか種類があるようです。








鏡の面は保護シールつき。右は似た用途の反射ステッカー。
ステッカーも一部のサバイバルキットに含まれて支給されます。








何の変哲もないクリップ。針金としていろいろ使えそうです。






おっコンドームか? と思ったあなた12月24日の夜に何してるんだい?

4cmほどの長さの小型のライトスティック(サイリウム)です。

サイリウム(オムニグロー)社のものとアメリグロー社のもので4色ありました。
サバイバルキットでもこの4色で支給されるので何か意味があるんでしょう。







サバイバル用のワイヤーソー(官給モデル)。
刃渡りは60cmほどなのでそこそこ大きな枝や木の板などを処理できそうです。







芯線に細いワイヤーが巻かれた構造。






ファイヤスターターとノコギリ。

ノコで小枝を集めて火をつけてプチキャンプってことなんでしょう。







SILVAの小型コンパス。思いのほか小さかったので手のひらの上で。
どうもSERE 40というモデルに近いようです。

SERE……? サバイバルキットの仕様書を読むと……胃酸耐性がある……?
飲み込んで隠しておくということなんでしょう。ボディパッキングってやつですね。
その後で吐き戻したりブリブリしたりして回収するということになると思いますが。
それもう本格的に敵に捕まることを想定しているアイテムじゃないですか……







簡易トイレットペーパー。

コンパス回収するときに必要だもんね……







タンポン。サバイバルキットの謎アイテムの一つ。

調べてみると分解して包帯や浄水フィルター代わりに使えるとかなんとか、意外と万能選手。
どこかの軍隊では生理用ナプキンを靴の中敷きにするとも聞くので案外侮れない生理用品。







お ま た せ
バ チ カ ン 激 怒
突 撃 一 番
お 父 さ ん こ れ な に ?
S o f o r t  K a u f e n



Rilaco Joyというドライタイプのコンドームのようです。

ドライタイプということで防水性をキーにいろいろ活用するのでしょう。





……………………

こういう小物系に一発逆転はないのでコツコツ地道に集めていきたいですね。





Tschüs!!

  
タグ :コンドーム

Posted by Nekotin at 20:29Comments(0)ブンデス小物

2017年12月17日

刃物アレルギー再び





以前取り上げたKM2000のラバーレプリカのためにシースとホルダーを調達。






まさか都合よく本体抜きで出てるわけないよなぁとおもいきや、ありました。

ホルダーさえあればどんな装備にも無理なく取り付け可能になるわけです。







下が本物。ラバーレプリカの方はわずかに小ぶりです。

鞘本体は樹脂(PA6?)で鯉口は金属で補強されています。
銀色に光っている四角形はダイヤモンドシャープナー。







鯉口からは板バネの鞘走り止めがみえます。






入っ






ちゃっ……






たぁ!


(ラバー刀身が)太すぎるッピ!

多少きつめなのは刃厚のせいかゴム素材のせいか。
抜き差しには困らない程度なので飾りとしては十分。







ホルダー裏面はMOLLE対応。






S95系アダプタを噛ませれば応用範囲も広がります。






シースとホルダーはドットボタンでジョイントします。






これでよく見る形になるわけですね。

実物本体はいろいろとおっかないのでこれはこれである意味理想形です。










さてホルダーのおかげでMOLLEやS95系ならどこでも装着可能になりました。

モダンなプレキャリにゴツめのナイフってのもアツいですね。









こんなさりげない配置でユーティリティっぽさも演出できるようになります。
IdZの一部を構成するだけあって5fb系IdZ装備とも相性が良さそうです。






刃物という物は危なっかしいだけになかなか装備に取り入れづらい所があるかと思いますが、
このKM2000は安全な小物として様々なシチュエーションで役立ってくれそうですね。





Tschüs!!
  
タグ :KM2000

Posted by Nekotin at 19:42Comments(0)ブンデス兵器

2017年12月03日

コムカスタム


コミュニケーション機器といえば装備全体の印象を整える上で非常に重要です。

狙う装備によっては、まずそれらを使うか使わないかが問われてきますし、
必要であるならばどんなものを用いるのか、ある程度の吟味が求められます。

そうしたプロセスを経て高められた説得力には馬鹿に出来ないものがあり、
コミュニケーション機器さえ一定の考証の下にチョイスしているのであれば、
他の装備が多少不満足であっても概ね差し支えないと言ってもよいでしょう。





というようなことを(たとえ適当に思い付いた駄文であっても)はじめに書いておけば、
今回扱うアイテムがそれなりにハイバリューなんだなということが察せると思います。

Peltor COMTAC BWカスタム







大仰なフレキシブルマイクが特徴として知られています。
それを除けば…………まぁ普通のコムタック2ですね。


(ラベルは剥がされていましたが型式はMT15H69FB-T5179でコム2系のはず)






ダイナミックマイクなので表側にも穴が開いています。

マイクといえば用途や環境によって適した様式があるものと思いますが、
この場合は一体どんな意図でわざわざカスタムを加えたんでしょうか。

防水性能とか耐騒音性でしょうかね?







コムタック以前に使われていたサウンドトラップのマイクとほぼ同じな様子。

サントラでの実績が関係しているのかも。







中身の構造もマイク基部以外とくに変わったところはなさそう。

回路が微妙に変わってるだとかだともう確かめようがないんですが。







ボタンはそもそもいくつかバリエーションがあるのであまり関係なさそう。

後ろのマイク端子は名残としてそのまま残っているんですよね。







これで陸特のコミュニケーションキットが一つながりに。
我ながらこの意識の低さでよくここまで集めたものです。

前にもいってるんですがMBITRをもうちょっと良くしたい。








使用例張るまでもないと思いますが一応ね。

登場したのは2000年代中ごろ(07年前後?)。
XTS3000と併用していた年代ですね。







海軍特殊部隊でもTASC系ヘッドセットに混じって見ることができます。
こっちはイヤマフとしての機能も持っているので兼ね合いがあるんでしょう。

コイル部の首が弱いのかよくテープが巻かれているのも特徴か。







空挺のFschSpezZgから。特殊部隊との絡みってわけではなさそうです。
MBITRのキットと一緒に引き渡されたのかもしれませんね。







現在の陸軍特殊部隊ではXP(XPI)に切り替わってしまっているんですが、
やはりちょっと古めのGen3プレキャリ黄金期を狙う際には必須ですね。
(サントラでもOKなんですが)

一つ頭周りのハードルを越えられたので次の大きな買い物はAPHかな。





Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 19:27Comments(0)ブンデス通信機器