2017年04月22日

夢浮乳首





古典文学からの引用タイトルでハイソサエティなブログを演出したかったのですが失敗。

これは数あるコンシャツの中でもかなりタイトな部類で胸部の突起まで浮きます。


今回はIdZ-ES(グラディウス)の枠で供給されるコンバットシャツを見ていきましょう。







トルソーはコヨーテブラウンでモダクリル/ポリアミド/レーヨンからなる素材。
もふっとしていて汗を吸ってくれそうなのは良いのですが毛玉がね……

伸縮性にも富んでおりマッチョ体型ならピッチピチでも良いでしょうが、
私にはとてもとても自信が無いので一回り大きめをチョイス(したつもり)。







スリーブはコットンとポリエステルの混紡素材でブンデスモノではよく見られるタイプ。
肘には堅いナイロン生地が当てられておりその裏には凹凸パッドが挿入されています。

全体的にベルクロを嫌っているのかKROKOのジッパーが多用されています。
ジッパータブはプラの例のヤツですが古いものだと生地をループさせたもの。







脇の下にはメッシュが当てられた仕込みベンチレーション。

こんなところでジッパータブがピロピロしてたら邪魔じゃないだろうか。







左下腕部にはペン挿し? フラップまで付けてご丁寧なことです。
2013年製のものですがこれより古いものには見られない仕様。







上腕ポケット表面にはベルクロベースとペン挿し。
3本挿せますので左右で計6本、ペンの運用が可能。







タグはポケットにありました。トルソーに付いてると痒くなりますしね……

COMBAT SHIRT SK が正式名称らしいので今度からそう呼ぼう。

(SK=Spezialkräfteらしいですがこの場合あまり意味がなさそう)





見栄えなんか気にしねぇとばかりのロック縫合が実にロックな感じ。







14年の4./PzGrenBtl212からGen.IVとの併用例。

アーマーはどうしようもなさそうなのでこの方向でまとめようじゃない。








ホーゼもEinsatzkampfhoseをベースに新しくなりました、分かりにくいんですが……
コンシャツはショップで買えるようになったのですがホーゼはまだ時間が要りそうですね。







古いモデルの例。ジッパータブと下腕部ペン挿しの有無をチェック。







ついでのIdZ-ES版FASTヘルカバー。これもショップで買えるんです。
ただBWのFASTヘルムは独自デザインのようでレプが無い故……






こちらは2012年製。バージョン01とあるので複数種ありそうです。





最近HexoniaがBALUWなんてコンシャツを発表したのでまだ二転三転しそうなIdZ-ESですが、
とりあえずのところコンシャツSKだけでもいろいろと遊べそうなので研究していきたいところです。



Tschüs!!


  

Posted by Nekotin at 21:24Comments(0)ブンデス衣料

2017年04月19日

弾嚢





G36用C-Magのポーチです。マグポというより収納ケースかな。

ポーチを買ったら中身が付いてきたので速攻ブログネタに。


MG36はNSNを付与され一応の採用となったのですが調達までは行われなかったため、
フォトなどで使用の見られるMG36は実はG36にC-Magを付けたなんちゃって仕様……

ということはすでに知られていることかと思います。

(この前提がややこしいんです)





このポーチは"なんちゃってMG36"のためのマグを調達した際に付属してきたものでしょう。
使用例はまだ見つけていないのでどちらかというと収納ケースとしての性質が強いのかも。


(展示写真では見たことあるのでマグと一緒に管理されていることは間違いなさそう)

薄く白いバツ印が引かれてますがこれは放出の際のものか。






S95にアタッチ可能。これで運用していてもおかしくなさそうではありますね。

サイドのポケットは付属アクセサリ用のもの。
民生版C-Magだとローダーやグリスが付属するのですがBW版ではどうでしょう。







MG36を体系的に運用してるように見える例。ここでもC-Magポーチは見られません。(隠れてしまっているんでしょうか?)
30rdマグポを付けてるので100rd撃ち切ったらあとは普通の30rdマグで~ということになると思いますが、
ライフルベース(そいうかそのもの)なので100rd撃ち切っちゃうのもそれはそれで(過熱的に)問題なのかも。

MG3トゥルッペと同じ枠なのか独自の枠を形成してるのかも微妙な立ち位置……
ただしDeckungsgruppe(援護分隊)に配されているのは確実なようです。


猟兵教導大隊あたりが実験的にいろいろ試してるのか気になりますが画像のバックグラウンドが不明なのが惜しい。






Trommelmagazin G36 mit Zubehör
??? 5.56mm x 45
1005-12-344-6418
Bund

The Beta Company Atlanta, Georgia
Made in USA


ポーチのサプライヤも名目上はマグと同じベータということになっています。
NSNはマグがメインでポーチその他はアクセサリ扱い。







付けてみる。重そうですね。

やっぱり30rdマグが流用できる(というかそれが本来の姿)ので予備のC-Magは必要ないのかな。
30rdマグ4つで120発携行できるわけですし。

何だかややこしくなってきたぞ……






Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 20:19Comments(0)ブンデスナイロン

2017年04月15日

胸に付けて!胸に!





ブラックホークよりP8ホルスター用のIdZチェストパネル

相変わらずですが最初からキットで買っておけという幻聴が聞こえてきます。


ODはキットで入手したいね……






主にIdZ対応のクイックディスコネクトアダプタ用ですが、プラスアルファでマグポなども取り付け可能。

性質的にはマイクロチェストリグか、あるいはタクティカルな涎掛けといったとこ。







プレート部にはへたり防止に堅めの板が仕込まれてるようです。

いっそセラミックプレート入れておいてマイクロプレキャリにすればよかったんだ……







IdZとといえば同じ規格で作られてるのにテープが通らなかったりする、
ガバガバクオリティならぬギチギチクオリティが問題になりますが……

ご覧の通りかなり無理して付けてますよ。品質管理がどうこうってレベルじゃない。
なぜテープへの取り付けにマイナスドライバが必要なんだ、マリスクリップみたいだ。

あまり文明的とは言えないギアですね。


こういう点が無ければIdZ規格が覇権を握る業界になっていたかもしれないし、そうでもないかもしれない。






まぁ、一度つけてしまえばこっちのもんですよ(もう外すことはないだろうという意味で)。

SKなどスリックなアーマーや非バリスティックなときには有用かもしれません。
特に胸元にホルスターを持っていきたい車両部隊系の隊員にはメリットかも。







最適化したぞ。

大丈夫ですちゃんとそのまま使う例もありますので。

調整次第では喉のすぐ下あたりまで持って行けるのでチェストリグとの併用も可能。
(そういった使用例もありました)







どこに需要があるのか分かりませんがマイクロリグ化にも成功。ボディガード的な印象。
UOな雰囲気もありますがむしろギア自体がアンノウンと言えるだろう……






Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 21:12Comments(0)ブンデスナイロン

2017年04月09日

ぺるたそ~~~





ま~たPeltorのPTTか~本当PelterのPTT好きな~、と言われそうで言われなさそうですが。





SEM52SL対応品です。

現役隊員(263er)の個人ショップからの品物。






型式的にはスタンダードタイプがベースなんですね。

Peltor純正SEM52対応品だと「FL50-DSEM52~」といった型式になるようですが、
そうでないということは特注生産によるものかショップカスタム品ということに……?







NF10(10ピン)コネクタなのでNF7のSEM52Sには非対応となります。






使用のイメージとしてKSKの写真集にも写っていた人。

26系EGB装備を進展させるために入手したんですがそもそも彼らは並列配線なのね。
その上263EGBだとトグルスイッチ付まで見ますしね……また沼に入っちゃったか……







Gen4と合わせたイメージにペシュメルガ支援の261から。
やっぱり並列。こっちはFschSpezZgっぽいですよね。


31系EGBの1人1個XTS携行とは違って26系だと一般歩兵部隊よろしく分隊に2個のSEMといった様子ですし。
各員がSEMを携行するならFschSpezZgってことになるんでしょうね。






直列は珍しいんですがこの人がいたか(プルツェルさん?)
第26旅団用に買ったPTTがなぜ4./313で見つかるのか……





う~ん並列に組み替えてもいいんですけど現役隊員が卸した品物ってことで、
文化的(?)資料的にもなかなか価値のあるものなので勿体ないんですよね。







背中ついでにLadungstasche Gen.1(チャージポーチ)

中の昆布っぽいものはフレキシブルリニアチャージ(※)のつもり……





(※こういうアレ)






せっかくなのでGen.4の例で、261EGB中隊、2013年のコリブリから。
分隊に2人程いるブリーチ担当者が背中に付けておくようです。







313EGBからも。……今回は313が横槍を入れてくるな。
分隊に2個支給らしいですがそんなに頻繁には見かけませんね。







Tschüs!!

  
タグ :PeltorSEM52SL

Posted by Nekotin at 20:40Comments(0)ブンデス通信機器

2017年04月05日

ゾンダー許せない(反核)




以前ちょぴっと話題にした空軍航空隊所属の保安部隊

Luftwaffensicherungsstaffel "S"

この"S"はSonderwaffen(特殊兵器)の略であり意味するところは核兵器です。

現在このSS"S"(略称)が置かれているのがビューヒェル航空基地のトーネード航空隊、
Taktisches Luftwaffengeschwader 33 (かつてのJagdbombergeschwader 33)


ビューヒェルには冷戦期より核シェアリングの一環で熱核弾頭B61が配備されていましたので、
それを守るための専門的な保安部隊(これがSS"S")もいっしょに基地に置かれているわけです。

ちなみにB61は航空運用のための核兵器で万が一の際にはトーネードに搭載されるんだとか。
(トーネード以前だとスターファイターかな)



同様の核兵器保安部隊は空軍航空隊だけでなく核ミサイルや核砲弾を扱う砲兵部隊にもありました。
その場合はBegleitbatterieと呼ばれ核運用を担う各砲兵大隊に置かれましたがこちらは絶滅です。
冷戦終結より国内の核の規模は縮小し現在ではビューヒェルに配備されているものが唯一だそうな。

時代の流れに任せて廃棄を待つばかりの核兵器を見守るだけの任務かと思っていたんですが、
B61はつい最近も新しいバージョンに更新されただとかなんとか……長生きですよねB61……



さてSS"S"ですが航空隊内にFliegerhorstgruppeという支援部隊の大枠があり、
その下にGruppenstab(本部)と2個のSicherungsstaffel"S"が配されております。

同じ保安部隊ですが空軍保安連隊(ObjSRgt)とは枝が異なります(ベレーは同じ)。
かつては("S"ではない)Sicherungsstaffelも各航空隊に存在していたのですが、
90年代中ごろから空軍保安大隊として一まとめにされます(後06年に連隊化)。





Staffel内部にはいくつか小隊があるようです。
一つの基地に詰める保安要員としては大きな規模かと。

動画は第4小隊のプライベートフォト集。ワッペンも写ってますね。
ベレーだとKar98kなのに対しワッペンの意匠はG3ときた。
JaboG33のワッペンを使うのもアリなんですな。

核兵器保護という点から対テロ部隊の面が強いようです。
米空軍と共同で任務にあたることがほとんどなんでしょう、
そういった絡みでのフォトが割合に多く見つかっていますね。



Tschüs!!

  
タグ :空軍

Posted by Nekotin at 19:40Comments(0)編成とか