2017年09月20日

マジカルて




KartentascheとかMeldetascheとか呼ばれるアレ

マップケースあるいは書類ケースといった表現で通るかと思いますが、
正直どう使えば良いのか未だによくわかっていないものであります。







大戦期(それ以前から?)のデザインを引き継ぎつつ時代に対応させたもの。
このアイテム自体90年代のものなので時代遅れ感は否めませんが。







ペンケース挿しは分かりやすいですが、
立体のポケットは鉛筆削りか消しゴム用?

その反対側には定規か計算尺を入れるような薄いスペース。

フラップ裏を見るに正式な呼び名はKartenmeldeとなるようです。
NSNは付与されていますがTruppenversuch(実地試験)止まり。







内部はパーティションで2分割にされています。
試験止まりであまり普及せず実使用の様子もあまりないので用途が不明。

大きさはB5サイズ程度で、ハードカバーの薄めの本が2冊入るイメージ。

80sまで部隊長や憲兵、伝令などで旧来マップケースの使用が見られたのですが、
装備が新しくなってから(S87/88/95系統)は必要性が薄くなったのでしょう。

単に書類を専用ケースに入れて持ち運ぶ時代ではなくなったのか……

観測員や測量要員などの需要は少なくなかったとも想像できますけれど、
その辺もデジタル通信技術の発達でなんとかなってしまったのかもね。
(雑な考察)






S95系に接続可。90年代半ばのものなので時代の反映ですね。






試験採用時のものが回収されなかったのか、あるにはある使用例。
DFBの関係フォトから。







予備役からS87/88系のODのもの。

やっぱり何が入っているか気になりますな。







おまけにBW(NATO)標準の記号を書くためのテンプレート。






これも買った後に使用例が見つかったので地味にうれしかったり。





Tschüs!!
  
タグ :S95

Posted by Nekotin at 20:51Comments(0)ドイツ連邦軍

2017年09月03日

ゴッドジルバ





コンパスメーカとしてよく知られているスウェーデンのSILVA


主だって支給されるタイプ(Breithaupt)は高くて手が出しにくいのでお茶濁しに。
といっても本格的な行軍コンパスより簡易なつくりなので使いどころは変わってきますが。






左がレンジャーSL、右がサンウォッチハンツマン。どちらも民生品を購入。






レンジャーSLはNSN 6605-12-301-2580で砂漠地帯向けのサバイバルキットに含まれている模様。
(サプライヤはやはりJKディフェンス)

ただし同じNSNでハンツマンを指す場合もあるのでちょっと謎です。
(息の長いNSNなので更新はあったかも?)







レンジャーSLがミラータイプになっていること以外はほとんど同じ構造。

ハンツマンは米eBayで買ったのでインチの目盛が付いてます。
支給版は当然メートル法の30mmまであるタイプなわけで。
やはりヤードポンド法は悪い文明。







安全ピンは衣服に取り付けるためのものでしょう。






この状態で目標に向け、ミラーに映った方位を読み取る方式。
行軍用途としてはミラータイプの方が便利なんでしょうかね。







共通の構造なので裏側のトメワを外してカプセルを交換できます。
ハンツマンのカプセルは古く、ゴミも浮いていたのでこれで入れ替え。







ポーチに入れておいても目立たないのでマップケースに取り付け。
結局M9みたいなリストコンパスと化す。

TAGのマップケースはそのうち買います……そのうち……








例として予備役の展示から。TTのマップケースにハンツマン。






SMCの広告から。レンジャーSLをひっくり返して付けている説が興味深い。

ミラーの反射が厄介になりそうですがブラックアウトしてしまってるんでしょうか。
(ベルクロが透けて見えているようにも感じ、ハンツマン説と絶妙に迷うところ)






こちらは盤の部分が白く写っていますのでミラーの反射かも。





K-ISOM 2011年第6号からEGB373特集。
これは分かりやすいですね。レンジャーSLのミラー部分をぶった切ってます。






Zentauronマグポの脇に注目。
こういう形での露出は珍しいと思います。






Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 19:21Comments(0)ブンデス小物

2017年08月26日

秒速7.62mm





Lindnerhof Taktikの7.62mmマグポ





左がG3マグ用シングル、右は7.62mm用(事実上のHK417用?)シングルです。

似た構造ですが幅や丈が微妙に異なっています。






ここはまぁ毎度同じこと書くのもアレなので……





G3の方はキットからこぼれ落ちたのかASD付。
特殊部隊向けキットに1個だけ入ってます。

キットに含まれると言えばこんなのもありましたね。
こちらも特殊部隊向けのキットに1個ずつしか含まれていなかったはず。

G3射手がチームに支給された分をかき集めて組むんでしょうか。
DMR向け専用キットとかあってもよさそうなものですが……






7.62mmは12年のオレンジラベル。

092でフラップつき7.62mmシングルマグポ、
093でダブルのオープントップというのもあります。



使用例……は書籍などでは見れるのですが、フォトの露出はそんなにありません。

G3マグも、5.56mm用としては余裕のあるG36用マグポにぶち込んじゃってることがほとんど。

新しいキットだとG3向けのマグポはマルチキャリバーに置き換わったとみて良さそうですね。
というか特殊部隊だとG3自体がHK417にすっかり置き換えられている様子ですが……





Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 21:29Comments(0)LHTナイロン

2017年08月19日

イヤーマフマフ





ペルターのヒアリングプロテクション

6Sのようなアクティブ聴覚保護ではなく純粋なイヤマフです。






ODのボディにイエローのラインが特徴的。

以前はブルズアイⅢじゃねと言ってたんですがH10Aという型式で別物です。
それにしてもドイツ連邦軍向けに改変されてさらに別物と化していますが。







何と言ってもこのアメニティグッズのようなあからさまなプリント。
こんなに所属に忠実なアイテムも珍しいものです。


民生H10Aのスペックによると遮音値/NRRは30デシベル程。







射撃訓練で教官がよく着用してるモデルですね。

ヘルメットとの併用が出来ないのでその場合は6Sやインパクトスポーツに出番を譲りますが。

しかしBW特有のアイテムなので満足度は非常に高い。






Tschüs!!
  
タグ :Peltor

Posted by Nekotin at 20:14Comments(0)ブンデス小物

2017年08月13日

魅惑のふともも





Lindnerhof TaktikのOberschenkelplatte(レッグパネル)

直訳すると大腿部板、医学用語みたいでわぁドイツっぽい(適当な感想)

使いどころなんてほぼないのでコレクション的なものですね。






時代遅れ感の強いオーソドックスなタイプ。
世代的にはこれがGen.2型に相当します。






裏面はゴムのような滑り止め素材。

滑り止め付のベルトもそうですがこういった素材は使いどころが限られており、
LHT製品でもあまり見かけないのでなんだか新鮮な印象を受けてしまいます。






5行6列なのでかなりの面積があるわけで、
高さ方向にはどうしても無駄が出てしまいますね。






レッグとくればグレネード系か。これも2、3行あれば十分です。





使用例からフラグとフラバンポーチ。

この程度だったら別にMOLLEベルトでいいよねって感じはありますが。






その使用例。なかなかレアな露出であります。やっぱり必要性がね……

奥の人もですが固定ベルトのデザインが今回の物とは違います。








EGBでも辛うじて使ってることが分かりますが、とにかく見かけない。

特殊部隊やEGB向けのキットに含まれてるはずなんですがその割に見ない。



なんかの機会に変化球的に使おう……なんかの機会に……






Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 10:51Comments(0)LHTナイロン