2017年03月26日

アダプタとかアダプタとか





IdZ装備を地道にアップデートしていきます。

特に方向性も決まってないので欲張っていろいろ付けちゃおう。






アダプターとアダプターです。

もう少し情報を添加するとS95/IdZアダプタとガスマスクバッグ用フックです。
支給のキットにはガスマスクバッグを接続するため2個ずつ含まれています。







活用の機会もあまりなさそうですがS95ポーチをIdZで利用できるように。






何に使うわけでもなさそうなところがミソか……

チラホラ見かけるのでなんらかの必要性が伴ってると思うんですよね。







具体例としてはこんなところか。S95アダプタでマグポを接続しているように見えます。
DMR射手なんですがS95のG3マグポを使おうって発想がもう飛んじゃってると思う。







そこにフックを取り付けるとこう。ガスマスクバッグはもはや関係なくカラビナ的な使用法です。
フックを付けようとするだけでこのボリュームなのである。もっといいアイデアは無かったものか……







とりあえず付けとこうって発想なんでしょうか……
まぁガスマスクバッグを吊っている例もなかなかなさそうなので。







SEM52SLのポーチが丁度よく吊れそうな感じ……


まてよ……







S95アダプタがあるならS95用ポーチを付ければよいのでは……


まてよ……







何のためにIdZ対応ラジオポーチを買ったのか……

放出品狙うほどの情熱は無かったのでショップで買えるマルチデザイン製です。







LCDの覗き窓つき。やけに凝った造りですな。

が、ぎりぎりドットボタンが閉じないんですが……もっと基本構造しっかりして。







BHIホルスターのアダプタも入手してみました。

自分たちの規格で国外大手ブランドに発注しちゃう思想ってどこから来てるんでしょう……
これも支給のホルスターキットに含まれているものですのでIdZ持ちならお勧めアイテム。







上手く付けられなくて中途半端……落ちることはないと思いたい。
多分設計が間違ってるんだろうしそれに付き合うこともないよ……

(そんな性格)






支給なだけあってMOLLEにタイラップで無理くりってのも味わい深いと思います。






欲張って全部のせ。ホルスターや無線はどうしても左身頃に置きたいので混雑しちゃう。
ホルスターが邪魔でマグが引き抜けないのでドロップダウンタイプが必要になるわけですね。







着てみる。デカいですよね、着る前から分かってましたが。
でもこうして凹凸を増やすことによって相対的に小さく


ならないんだなー……



100%無線機のせいですがチームリーダーっぽいセットになったのでそれっぽく。

„Alpha an alle, Alpha an alle, Lageinformation……“ みたいな。

PRYファイザーバードなので2012年までの装備ですな。





Tschüs!!
  
タグ :IdZISAF

Posted by Nekotin at 19:55Comments(0)ブンデスナイロン

2017年03月24日

Leuchtstab



お金が無いときは数百円程度の小物を買って物欲を鎮めるんですよ……



そうして小物が充実していく過程は妙に気分が高まるんですよね。





サイリウムケース&SOSサバイバルシグナル

どうでもよさげなアイテムですが使用例見ると印象強くてじわじわ効いてくるんですよ。
買う直前まで猛烈に物欲高まるんですが手に入ると「別に無くても良かったかな」なんて……






サバイバルグッズって内なる小学3年生を目覚めさせる力を持ってますよね。
こちらは中のサイリウムを折って紐を持ちレゲエの黒タオルのごとくふり回すと
夜間全方位に自分の存在とSOSをアピールできるという緊急用途系アイテム。

オレンジ・緑とバリエーションがありますがこれは後者。




(ミリフォト的にも緑に偏っている気がするが、傾向を集計するほどの使用例もないでしょ)




キット展開フォトを参照するにポーチ内に仕舞われていることも多いみたいですけれども、
この手のアイテムは露出させていかないと勿体ないですよね、やりすぎもアレですが……





こう、チラ見せテクニックもなかなかいやらしさを感じます……





しばらく探さないと分からないような繊細なマインドを要求されるアイテム。



このSOSじゃないんですが紐付きサイリウムを回して車両誘導してる様子を見たことがあるので緊急時以外にも用途はあるんでしょう。







こっちは蓋を回すとスリットが開閉し輝度が調整できるという代物。





使用例的にはカンプベストと相性が良さそうですね。





そのイメージ元、相変わらず身元不明な雰囲気の人達。
左の人はRohrwaffenpersonalみたいですが謎……






マーカー的な使い方に適しているんでしょうか、どうも用途がね……







関心が薄くなってきたのでこのまま雑に終わらせたい……




Tschüs!


  

Posted by Nekotin at 22:47Comments(0)ブンデス小物

2017年03月18日

373er



急激な意欲の高まりを感じGen.3を追加調達しました。

人は自分の物欲さえ自由に出来ない生き物なのだから仕方ないことです。



我が家で待機していたポーチと合流させ373EGBをテーマにざっくり組む。

そうEGBといえば私の周囲で活気付き始めたコンテンツなのですが、
現時点では4個大隊時代がテーマにされることが多いみたいですね。


すなわち第261、263、313、373降下猟兵大隊に各1個設置されたEGB中隊ということで、
前2者は第26旅団、後2者は第31旅団として分けられ其々性質の違いが観察できます。


私がEGBやりたいと思ったタイミングでは31系の露出が多かったような気がします。
K-ISOMにもすでに第313、373大隊EGB中隊にフォーカスした記事がありましたし。
いまでもEGB装備蒐集の主幹ソースはK-ISOM 2011年の特集号ですからね……






これですよこれ。373のEGBがフォーカスされた号です。
2012年の313特集号も当時は重要なソースでした。


(BW広報動画もほとんど31系で、誌面に載った隊員が映像で確認できると興奮した物でした)


最初のころは313が好きでした、数字の並びがかっこいいので

某魔法学校で例えると313がグリフィンドール、373がスリザリン、261がハッフルパフで263がレイブンクローみたいなとこありますよね





装備の支給が十分でなかった頃らしく明らかにポーチが足りてない隊員を意識。
いや、ポーチが足らないのか好みで自弁してるのかよくわかんないんですけど、
観察できるポーチが2011年のキットリストと大分異なるのでそういった方向に。

ヘルメットも支給のAPH&TC3000ではなく各員思い思いに(?)別物使ってますし。







前面には75マグポを配置して特殊部隊(KSK)要素を大きく否定します。
EGBになるか「KSKの出来そこない」になるかなかなか微妙なさじ加減。

といってもEGBの装備なんて100人100通りの解釈ありますからね……

この75マグポ、非常に剛性が高く使いやすいのでお気に入りです。

(まぁ"使わない"んですが)

元ネタの隊員とマテリアルの色が違うのでもしかしたらHEIMで同じモデルがあるかも。


メディックポーチはユーティリティを代用品にして、CATとドロップパネルで演出しました。





ラジオはもちろんXTSで、素直にラジポを使うことなどせず75マグポに収納。
背中から肩にかけてのPTTコードの取り回しが如何にもな演出になりました。


BWで使えるラジオということで購入されるXTS。SEM52のように一般にどこでも使えるアイテムではないため31系EGBに誘導されるケースが増えてるようです。



Gen.3の背中は何もなくてもかっこいいのですがハイドレバッグを雑に設置。
ASD付が転がってきたのでせっかくだし、ボルトクリッパ入れるのにいいかな。

(正しいポーチの使い方を拒否すればEGBってもんでもない……)


アップサイドダウンのマグポは本当ならダブルが良かった……
ダブルならスモークグレネード用ポーチとしても使えますしね。


EGBも動画を見る限り制圧射撃等の訓練で一度にかなりの弾薬を消費するみたいなので携行弾数もある程度稼いでおきたいところ。


ユーティリティ系の容量も足りていないはず……





う~んぶっちゃけXTSを軸にした装備なので313を謳ってもいいんですよね……

261、263はSEM52SLなのでラジポが必要ですが(これもまた後ほど)。






着てみる

組んでみないと分からないこともあるし、着てみないと分からないこともある。

でも結局よく分からない、それが4個大隊時代のEGB装備なのかも(適当)。



今後の方針……なんだろうか31系はほっといてもいいような気がする。

あまり興味を持たれていないらしい263EGBでも……
(これも261とどう差別化するんだよって話に……)




Tschüs!!

  

Posted by Nekotin at 20:51Comments(0)ブンデスナイロン

2017年03月11日

さうふらい





今回は連邦軍現用ならかなりマストなRevision Sawflyの復習です。

支給型モデルを入手したのでポイントを押さえていきましょう。


(またダブりネタかよ……)

市販モデルは一度取り上げてるのでこれを前提にさらっと。





ミリタリーと表記されてる方が市販品。軍用モデルと銘打って購買意欲を煽るやつだ……
ケースは納品モデルの方がデカいんですね。セット内容はほぼ同じなんですけど。







ケースからはレンズ収納用のポケットがでろでろっと出てきます。
これはベルクロで連結されていて使用状況に応じて分割も可能。

レンズはオレンジ、クリア、グレーとおなじみの3種がセットに。
取説にもわざわざBUNDと入っていて記載内容もちょっと違う。







左側テンプルのBUND印とサイズ表記がこのモデルの目玉となります。
ヘルムのチンストラップに隠れて見えなくなっちゃうんですけどね……

なんでも官給品にせいってもんでもないですが一つのアドバンテージに。







うわぁ、レンズ上部にも小さくBUNDのモールド(レーザー?)が入っていますね。
細かい点ですが兵士が個人購入したものと区別して管理するためなんでしょう。


そういえばオークリーMフレでもBUND入りレンズが見つかってるんですよね。






うう~ん、はっきりと見える使用例を探すの面倒でした。

FBやインスタに上げられるプライベートなフォトではBUND印がよく見えるんです。
自撮りのため頭部がアップになるうえ、変に横から煽ってくれるおかげでバッチリ。



現在広く供給されてるだけあって(オークリーに制圧されている特殊部隊方面を除けば)、
だいたいどこで使っても違和感のないグラスなので改めておすすめします、“Sawfly”



Tschüs!!

  
タグ :RevisionSawfly

Posted by Nekotin at 21:56Comments(0)ドイツ連邦軍

2017年03月05日

墜ちろ!蚊トンボベスト





MOSKITO製Multifunktionsweste、所謂KSKベストです。

といってもこういう変わったモデル(先行供給型?)ではなく一般的な形式のもの。

(参考元は北方孤軍奮闘録)






後のHEIM生産モデルやSchleswiger生産モデルとほぼ同型となります。

最初の生産者がMOSKITOで品質的な問題からHEIM(2001年?)に、
さらにコスト的な問題でSchleswiger(2002年?)に移ったんだとか。


(MOSKITOも品質は悪くなさそうに見えます。コスト本位での品質管理のためHEIMに移されたのでしょうか……時勢的に)







タグはメーカとNSNが分かるぐらいで製造年月の記入はなし。







手持ちのHEIMと比較。ベルクロ部分とグレネードポーチの向きがはっきり異なります。
ただしここに関してはSchleswigerも同じ特徴で、どちらかというとHEIMの方が変わりもの。

MOSKITO特有と思われる差異としてはマグポ上にD環が見られないことでしょうか……?

(製造のタイミングによってあったり無かったりしそうですが)


HEIMはこちらを参照
Schleswigerはこちらを参照






参考にHEIMのタグ。NSNがMOSKITOと異なります。

ちなみに「C」はCパーツ=背中パーツであることを示すもの。
右身頃がAパーツ、左身頃がBパーツとなっています。







今更ながらHEIMは左身頃のユーティリティが削除され代わりにマグポが縫われたカスタム。
(もう手放してしまった)Schleswigerの方からぶんどったマグポなんじゃねーのと話題に……







もはやMOSKITO関係ない付属ポーチたち。ベストに続いてアルファベットの割り当てがあります。

四角いユーティリティがEパーツ、無線ポーチがFパーツ、3連グレネードがGパーツ、ベルクロ部カバーがIパーツです。
E、G、Iパーツは02年8月Schleswiger製でFパーツは01年8月HEIM製。






ホルスターはHパーツ(01年8月HEIM製)。Dパーツとしてベルトがありますが未入手……







使用例……う~んHEIMは良く分かるんですけどね。わいとさんのモデルから海軍特殊部隊の例でお茶を濁す。
こっちの方は陸軍特殊部隊でも見られるので初期に特殊部隊に供給されたものとみて良さそうです。
(空挺でもそれっぽいのは見られます)




一般形式の方は2000年頃に空挺に支給されたものでしょうか。
未来歩兵コンセプト的な画像がどうもそれらしく思えてきますね。
(右胸のポーチはGPS?)


MOSKITOウェブサイトのモデルもジッパーフライで分からん……
Jägerwesteってのはちょっと興味あります、怖いもの見たさで。


ということでこのMOSKITO、
特殊部隊への装備供給のために設立された会社らしいですが、
正直に言うとKSKベストだけの一発屋だろう感は否めません。
(欧州の兵器開発によくあるプロジェクトごとの共同事業体と捉えるべきかもしれませんが背後関係が不明)

反面ウェブサイトが生き残ってるのはすごいとおもうよ……





Tschüs!!

  

Posted by Nekotin at 20:29Comments(0)ブンデスナイロン