2017年07月22日

ダンポポ





こういうブログでも引用に使われたりするのでなるべく手持ちアイテムは載せていく……

正直これはとくに書くことないなぁって思う物も結構あるんですけどね、
こんなの持っているんですよアピールだけでも精いっぱいというところ。







これだって面白いギミックがあるわけでもなく興味深い背景があるわけでもない、はず。
ベルクロで張り付けるタイプのダンプポーチ「Abwurfsack, Klettbar」
…名前そのまんま






ベルクロ接続なのでプレキャリ前後にしかつけられないという微妙な使い勝手を発揮。
(一応バリスティックベルト後方にも接続可)

容量はさほど大きくなく丸めてもあまりコンパクトじゃない、使い方に迷うアイテム。

これでもGen.V系キットに含まれている3種類のダンプポーチの内の一つです。
同キット内のエラステックタイプやスタンダードタイプに勝る要素があると思えず、
そもそもなぜダンプポーチを3種類も含めたのだろうかと悶々とさせられます。







入れ口にはエラスティックのトラップ。飛出しの心配はなさそうでこれはアドバンテージかも。

MOLLE対応でラインナップすればまた違う評価になったかもしれませんが、
貴重なMOLLE取り付け面を占有しないというのも一つのメリットでしょうか。







謎の紐。これを引っ張れば素早く展開できる、ってギミックなのかもしれませんが不発。
正しいやり方があるのかもしれませんがこの手の商品に説明書なんて付かないので……







LHTで釣っておいてこっちが本命だったりするんだろ?なマックスペディション。
BWでもそれなりになじみのある(が頻繁に見るほどでもない)ブランドですね。

Rollypolyというその名の通り(?)のロールアップダンプポーチ。







容量はかなり大きいのですが腰からこれだけの物をぶら下げるとさすがに邪魔にならないか心配。
ペラペラのガバガバエコバッグ状態なのでダンプとしての評価はあんまり……







Rollypolyシリーズはダンプ以外の何らかの用途を持たせるコンセプトでもあるんでしょうか。
こちらはストラップが付けられておりナップザックとし使うことができる微妙なギミック付。

もう少し真摯にダンプポーチという存在に向き合えなかったのか。






内側に小さなポケットがありもう完全にエコバッグです。持ち運びに便利なエコバッグとして使ってください。






てんこ盛りでもラベルが自己主張してくれるおかげで分かりやすいですね。
ウェストバッグもマックスペディションっぽいですがこちらも度々見かけます。







ラベルが見えないと何とも言えない造形なんですが多分そうでしょうということで。
2個持ちですね何気に……

このマックスペディション、他人から指摘されるまで存在すら認識してなかったんですが、
意識してミリフォトを観察するとあんなところやこんなところで見つかる奇妙なブランドです。

メジャーとも「外し」ともつかない曖昧な立ち位置ですが何にしてもエッセンスとしては優秀。






Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 19:40Comments(0)LHTナイロン

2017年07月14日

スラムダンプ





LHTの新旧ダンプポーチを比較するぜ。






こう並べるとどんな違いがあるのか見当もつきませんが左がGen.1で右がGen.2です。
Gen.1はASD-Nr付の放出品を入手、Gen.2は以前ショップから購入したもの。







広げるとその差は歴然、Gen.2では立体で容量がアップしています。
Gen.1はいくらも入らなそうですが畳んだ状態では断然コンパクトに。







Gen.1の口はベルクロで、Gen.2はドローコードで絞める構造です。
ベルクロのせいで勝手に閉じてしまうのは不便じゃなかろうか……

Gen.1のファステックスはタブ側に付いています。







MOLLEのコマ数も違うんですね。3コマから2コマへ省スペース化に成功しています。
ここを節約しても全体の占有スペースは変わらないのであんまり意味ないんじゃ……







いつかは挑戦しなくてはと思いつつプレキャリにダンプって気が進まないんですよね。
ということでパッドベルトへ取り付け。ベルトって欲張ると意外とスペースが無くなるね。







畳んである状態では分かりにくいのでなんとなくの判断になっちゃいますが、
Gen.2は丸くなりがちなので綺麗に畳まれているのはGen.1と見て良さそう。







_______∧____この感じ……Gen.1か……

ぐらいの適当な感じで



確実に旧マテなのでその辺の満足感は高いですね。





Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 20:39Comments(0)LHTナイロン

2017年07月08日

Arktis 1601





スリルを求めて入札した大して欲しくもない(そして安くもない)アイテムが高値更新されずストレート落ち

ありますよね、そんなことも……



そんな経緯で入手したArktisの1601型ベストがここに







いつごろから存在するものなのか不明ですが、オールドスクールの領域にあることは間違いないはず。

ウェビングキットの時代からすればこういった種類のタクティカルベストは画期的な装備品だったでしょう。
必要性と利便性から最大公約数的に効率よくポーチを配する、どこか哲学的な雰囲気さえ感じられます。
モジュラーの気配が微塵もない燻し銀のアイテム。







Arktisって古株じみたB to B的な経営で一般人は相手にしなさそうなイメージがあったんですが、
至極普通にウェブショップを運営しているぐらいにはフレンドリーなブランドだったんですね……

もうさすがにこの手のベストは陳腐化して作っていないだろうと思いきやクラシックなスタイルが沢山。








マグポはオーソドックスな配置です(汎用モデルなのでオーソドックスなのは当然ですが)。
1つあたりG36のマグを2本収納可能。AR系のマグなら3本はいけるんじゃないでしょうか。
内側マグポには手榴弾用らしきポケットが。往年のALICEやELCSのマグポみたいですね。







マグポ上、右身頃には横倒しにされた小型の2段ユーティリティポーチ。
用途的にはコンパス(&筆記具)などのナヴィゲーション器機向けっぽい。







左身頃には手榴弾が入る程度のポケットが2つ。てか手榴弾ポーチだ。
手榴弾はそんなにいらないのでユーティリティ的に使うのが正解かも。







両サイドには対称形のユーティリティポーチとその表面にはファステックス開閉のポケット、

とまた手榴弾ポーチ……

亀の子ポーチはコピー品だと省略されているのでオリジナルらしさを感じる要素でもあります。







右フラップ表面には十字のテープ痕があったのでIFAKポーチとして使われてたのでしょう。
大容量なので水筒やNVの収納にも向いてますね。







裏はポケット状になっており無線の収納などに使えます。






背中も袋状になっており、ちょっと細めですがハイドレなど収納できそうです。
ドラッグハンドル横にはバックパックを接続できそうな謎ストラップもありました。







左右身頃のジップを開けるとまたまた収納スペース。
左身頃にはホルスターも内蔵されています。



メッシュ生地ベースで見た目ほどの重さも感じませんが、かなり堅牢なつくりだと思います。



使用例……

ミルテックなら何点か挙げられるんですけどね。

Arktis自体BWとそんなになじみがないわけでもないのですがやはり物が古いせいでしょうか。
見つかりそうで見つからない、そんな微妙なラインですね。絶対使ってると思うんですけど。
S95アダプタ付特注モデルも存在することですし。

これ自体が放出品って可能性もあるでしょうが、今思えばセラーに聞いておけばよかったなぁ





Tschüs!
  
タグ :Arktis

Posted by Nekotin at 20:11Comments(0)ブンデスナイロン

2017年07月05日

挿すサスペンダー




Hosenträger=サスペンダー

ただのナイロンテープの縫い合せ、といえばまぁそんなもんなんですが……







なんでそんな検索ワードで来られるんだよ


ベルトやホルスターなど腰回りに関心が集まっているらしいので吊りアイテムでアクセス数を稼ごうぜ。







オレンジ色のラベルが無ければ絶対に買わなかったでしょう、単純なH型サスペンダーです。






この手のアイテムに求めるのも間違いなんでしょうが背中側のサスペンションが唯一の特徴か。

ナイロンテープを波状にし、裏面からエラスティック素材を縫い付けて伸びを許容する構造です。
このエラスティックは色や質感が裾ゴムとくりそつなので同じマテリアルなのかもしれませんね。







実はウクライナレプも持ってたんですよ。烏レプはやっぱりエラスティック素材の再現度がね……






Gen.V系キットに含まれてるってことで入手したのですが2012年時点では既出だったのか。
納入がされる以前のものですがカタログやウェブショップでは見ない類のブツなんですよね。







Hosenträgerってことでホーゼ吊れるだろうと思ったんですがそもそもEKHのD環は2か所しかない。






ホーゼ用サスペンダーとしてはボタンで吊る伝統的なタイプがありますからね。
このモデルは新しいタイプでしたっけ?







それもそのはず、ホーゼを吊るためのHosenträgerではなくMOLLEベルト用なんですな。
旧型MOLLEパッドベルトだと3か所に吊り輪があるんですが新しい方にはそんなものない。
ということはMOLLEに挿し込んでまるごとループさせて接続するってことでいいわけだな。



使用例……

わざわざサスペンダーなんて使わないのか、かえって着用が不便になるせいなのか、
Gen.5まわりを観察してもこれといって記憶に残るような使用は見られませんでした。

そのうちポッと出てくるかもしれません。





……と記事書いていたらTdoTで出てきました、よかったね



Tschüs!

  

Posted by Nekotin at 19:34Comments(0)ブンデスナイロン

2017年07月02日

プルプルオーバー






おい、もう夏だぞ



季節外れの冬物ネタは暖かくなり始めた春ごろにやるからウケるんであって、
こんな時期にこんなものブログで取り上げたらただのバカみたいじゃないか。


BW(陸軍)のオリーブのプルオーバー、90年代からの登場だったかと思います。
このタイプは常勤服にも野戦服にも幅広く利用できるのが特徴といえましょう。
(自弁で常勤服用のグレーや黒のセーターもあったはず)

ネームや階級章用エポレットを備え、肩に国旗が縫い付けられていることから、
ジャケットの下に着込むだけでなくアウターとしての使用も考えられている様子。
(ただしZDvによると演習や実動においてはアウターとして着用してはならない)







基本的には陸軍はオリーブ、空軍と海軍はブルーと使い分けられています。






こういった被服の類ってありふれているようで意外と情報が拾いにくい。
この胸ポケットもあったりなかったり、バリエーションになっている様子。







ZDvの内容も甘く見られているのか規定が変わったのか分かりませんが、
プライベートフォトでは演習や派遣時のアウター着用が見られたりします。
(前述しましたが汚れそうだったり装備を付けるときはアウター利用はNG)

そんな中でも装備着用時にこういった形で露出するのは珍しい。
こういうのはカッコいいと思ってすぐ影響受けちゃうんですよね。




Tschüs!!
  
タグ :Pullover

Posted by Nekotin at 16:49Comments(0)ブンデス衣料