2018年06月10日

RSUKp



RSU Kompanie



 今回はかねてから手を広げてみたかったBWの予備役「RSU」について。

 とはいえ、ここをご覧になっている諸兄には「RSUってなんだよ! そもそもBWの予備役はどんな形態なんだよ! 毎度毎度説明が足りてねぇんだよカス!」とお思いの方も少なくないでしょうから、まずは簡単な説明から。


 現在(2012年以降)、BWの予備役は3種類に分類されています。

 ・Truppenreserve
 ・Territoriale Reserve
 ・Allgemeine Reserve


 一つ目のTruppenreserveは現役部隊の人事支援のための枠組みで、短期間の再訓練でスタンバイ可能な人材が配置されています。
 通訳や言語専門家などのスキルを持ったは人材は海外派遣の際に重宝され、中佐待遇で迎え入れられることもあります(基本的に予備役の階級は除隊時のものが維持されます)。

 Ergänzungstruppenteil(補助部隊)に割り当てられる人員もここに分類されています。Ergänzungstruppenteilは旅団下や連隊下に属している非活性型部隊で、第908、909装甲擲弾兵大隊やObjektschutzregimentの第3大隊、第26、31降下猟兵連隊の第10中隊などを例に挙げることが出来ます。動員命令が下った際は予備役ら(一部現役含む)がこれらの大隊・中隊を形成します(ゆえに非活性)。
 
 ErgänzungstruppenteilにはTyp1~Typ4に分類できるのですがここがクソ面倒で、例えばTyp1は「部分的に非活性な大隊」で第8山岳戦車大隊が該当します。第8山岳戦車大隊は第1、2中隊が非活性、第3、4中隊は活性(現役)なのですが、第3中隊は第104戦車大隊に、第4中隊は第393戦車大隊に間借りする形となっています。
 Typ2は先にも例に挙げた第908、909装甲擲弾兵大隊など「全体が非活性な大隊」です。
 Typ3は「全体が非活性な中隊」で、これも先に上げた第26、31降下猟兵連隊の第10中隊などが例です。
 Typ4は「全体が非活性な後方支援大隊」で、第1、10後方支援大隊が該当します。


………………



 二つ目、Territoriale ReserveはRSU、所謂ホームガードで、地域ごとにまとめられ現役部隊の支援を担います。陸海空軍の所属ではなく、Streitkräftebasis(戦力基盤軍)のLandeskommandosの管轄下で稼働します。
 一個RSU中隊は100名程の規模で全国に30個中隊が散らばっていますので全体で大体3000人の規模です。2007年以前に存在したHeimatschutzbataillon(国土防衛大隊)が2012年に復活したようなイメージですが規模は大分小さくなりました。
 (Heimatzschutzbataillonは猟兵大隊を簡素化したような構造で1000名程の人員で構成されていました)

 RSU中隊は中隊本部、3個保安小隊(Sicherungszug)、後方支援を担うProjektzugから構成されています。保安小隊は3個保安分隊から成ります。
 中隊長には現役部隊と同様、中佐クラスが任命されます。
 また人員は元職ばかりでなく、基礎教練をクリアし直接RSUに加入する者も存在するようです。
 (予備役へのキャリアとしては他に、一般の大学などに通いながら予備役士官過程を終了し任官するパターンもあります)


………………



 三つ目、Allgemeine Reserveは上記2種以外の人材ですが、冷戦以降動員計画はなく、ただ単にプールされているだけです。2010年頃には120万名が登録されていたといいます。
 (動員計画のあるTruppenreserve、Territoriale Reserveは合わせてBeorderte Reservistenと呼ばれますが、これは2012年時点で38000人ほど)


………………



 さて今回の関連付けアイテムはバイエルン州のRSU中隊パッチです。バイエルンの場合、7つの行政区分すべてにRSU中隊が置かれており、実にRSU全体の1/4がバイエルンに集中していることになります。まぁバイエルン自体が大きな州なので妥当とも言えますが。




RSUKp Oberpfalz (neu)


 バイエルン東部、オーバープファルツ区のRSU中隊のパッチ。意匠はプファルツライオンと振りかざされた剣。
 このデザインは2代目で、以前はオーバープファルツ区の紋章がそのまま使われていました。




………………





RSUKp Oberpfalz (alte)


 オーバープファルツのRSU中隊の旧バージョン。前述のとおりオーバープファルツ区の紋章そのもの。




………………





RSUKp Oberbayern


 バイエルン南部、オーバーバイエルン区のRSU中隊のパッチ。これもオーバーバイエルン区の紋章がそのまま。
 向きは異なりますがオーバープファルツと同じライオンです。




………………




(Photo:Bundeswehr)


 左からRSUシュヴァ―ベン、RSUオーバーバイエルン、RSUオーバープファルツ、RSUニーダーバイエルン。基本その地区の紋章そのままです。他の地域だともうちょっと凝ったものもあるんですが。
 普段ならもっとイカす使用例を貼って興味関心を煽るところなんですが、バイエルンのRSUは母数に対して露出が少ないような気がする。

 ちなみにこれらのパッチはオーバープファルツRSUの中隊長が直々に販売しているものだったり(ショップまで存在します)。




 Tschüs!!  

Posted by Nekotin at 18:14Comments(0)編成とか

2018年06月03日

Dienstglas 8x30




そろそろ手を出してもいいんじゃないか、

……いや、出すべきなんじゃないか、

ということでBWな双眼鏡を入手してみました。








某オクに転がっていたのをほぼ衝動買い。一応30秒くらい悩みましたけどね。

プリズムタイプのゴツめの構造いかにもな雰囲気を醸していてかっこいい。

8×30(倍率×対物レンズ径)なのでよく見られるD16型かな、と思ったんですが、
届いてからよく確認すると、う~んちょっと違うかな、なんだろうコレ感が……








民生品かな、と一瞬頭をよぎりましたが接眼側カバーをめくるとコレ。

再軍備時(55年)から供給され始めたモデルなので本当に古いもの。









左眼側カバーをめくるとヘンゾルトウェッツラーブランドのロゴとBWBステッカー。

この時点でヘンゾルトはカール・ツァイスのブランドの一部をなしていましたが、
ツァイスはツァイスで6×30や8×30等の双眼鏡をBWに対して供給していました。

(大手ツァイスだけでは需要に対応できなかったということでしょうか)

レーザ保護搭載のD16が登場するまで、これら旧型が兵士の目となりました。



ちなみにヘンゾルトやツァイスの調達価格が膨らみ過ぎたため、シュタイナー製のD12が66~72年の間調達されたと言われています。
D12では防水仕様や窒素封入等の実験的な技術が盛り込まれましたが、修理・維持に手間がかかり結局ペイできなかったんだとか。







こんな風にカバーをめくって使います。このゴムカバー付モデルは59年から登場。

左右で微妙に仕様が違いますけど何かの要因で交換されたのかもしれません。








接眼レンズ側のカバーは経年劣化も相まって千切れかかってます。

右眼カバーの赤いマーキングにはどんな意味があるんでしょうかね。








アイリリーフは0なので上手く撮影できませんでした。
ガスマスク着用時なんかは困っちゃうでしょうね。

象に関してはさすが一流ブランド、メチャメチャ綺麗。

右眼側にはレンジファインダーが挿入されています。
適当に近所眺めて距離を推定する遊び楽しい……



使用例~は古いのでパス。一応80年代ぐらいまでは主力部隊でも見られます。





これもコンパスと同じでハマると「専攻」マニアになっちゃいそうですね。
世の中のコレクターたちの気持ちがちょっとわかったような気もします。


お次は本命のD16を入手したいところです。


D16以外にもD17(7x50)、D18(7x50)、D19(10x50)と似たようなバリエーションがあるのですが、
部隊によって供給されるものが異なるのか、年代によって違うのか、調べておかなければ……




Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 18:24Comments(0)ドイツ連邦軍

2018年05月19日

名探偵CONAT





BWで実績のあるもっともメジャーな行軍用コンパスがこれ。

1950年代後半あたりから出現し、現在まで用いられている息の長いアイテム。

Breithaupt & Sohnというメーカー名から”Breithaupt”と呼ばれることもありますが、
CONAT (”Compass, NATO” の短縮)という呼び方がどうも正式らしいですね。


液漏れしてるリジェクト品ですが安くはなかった……









箱には“KOMPASZ”とありますがKOMPASSの誤植でしょうか。

NSN 6605-12-341-8467は良く見かけるモデル(最新モデル?)で厳密にはCONAT 3だそうです。

長い間使われただけあってバリエーションも豊富なのですが初期のモデルはNSNが異なります。


(12-123-9866=CONAT、また6605-12-135-2210=CONAT 2など。まぁマニアによる分類だと思うので全部単にCONATでいいんじゃないでしょうか……)









モノとしてはまぁ普通のレンザティックコンパスです。

展開するとミラーが適性位置まで勝手に開いてくれますので、
サイトで目標を捉えながら方位を読み取ることが出来ます。

裏面にあるNICHT NACH UNTEN DRÜCKENの注意書きは、
ひん曲がっちゃうからミラーを押し下げるなってことでしょうね。









クソ田舎は360度どこを向いてもこんな感じ。

文字盤は6400等分のミルで印字されています。
実際に読み取るのは頭2桁分のオーダーなので、

00(64)=Nord
16=Ost
32=Süd
48=West

という感じ。慣れないと分かりにくいな……







(Foto:LKdoBW)

コンパスを使ってる画像なんて、探そうと思ってもなかなか見つからないもんですね……
定期的に行う行軍訓練でよく使うためなのか、出てくるのは予備役関係ばかりでした。

ということで上の画像はザクセンのRSU中隊から。








(Foto:Bundeswehr)

もう手で隠れちゃって見えないじゃないか……こんな画像ばっかりでてくるんで困るんだよ。
地図を読む時の小物としても良さそうです。みんなで地図囲んでる写真撮りたくない……?

まぁ地図の方が入手困難でしょうが……







(Foto:Bundeswehr)

ここまでくると5秒くらい探さないといけない。

紐を適当なところに結び付けてポケットに入れて携行するのがよさそう。
部隊長の記号的アイテムなのでそれとなく見えるようにはしておきたい。







これ、一個手に入れるとNSN違いのモデルも欲しくなっちゃいますね。
コンパスだけコレクションする人の気持ちもちょっとは分かる気がする。

ジャンク品はさほど安くないので中古良品狙うのが良いと思います。





Tschüs!!
  
タグ :コンパス

2018年05月07日

Blutgruppe





あったらいいなが形になったぜ


ということで空軍Kampfretter(HSG64)で絶賛運用中のコールサインパッチを、
Twitter経由で紹介していただいたパッチ屋さんにお願いして作っていただきました。


※:詳しくは発注をプランニングした方のブログを参照してください。
(パッチ屋さんへ直接、個別に注文に対応していただく形となります)









KRを追っていた人ならピンとくるであろうKR-X10をチョイスしました。おーかっこいいぜ。
KRはX22おじさんやX77おにいさん等、それぞれ個性があるので番号選びも楽しいですね。



(被らないよう発注された番号を管理するとのことでしたが、すでにX10は被ってしまったようです)


文字だけのパッチなのですが、それだけに縫製の緻密さが見栄えに影響しますね。
部隊章だけだとふわっとした印象になりがちなのでこのパッチとの組み合わせが鍵。

TacGearのコンシャツに貼ってみましたがベルクロと比較すると大きさも正確ですね。


(こちらの部隊章はeBay流通のレプリカですが、上記のパッチ屋さんも製作品をヤフオクへ出品予定とのことでした)





(Photo:DVIDS)

や、ピンとくるってお前……

単に自分が持ってる装備&血液型が一致してるだけじゃねぇか!!!


アッハイ 比較的大きな画像で、刺繍してある内容も解読できたので……



いいよね、Gen.IVのKRって……








Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 21:26Comments(0)ドイツ連邦軍編成とか

2018年05月04日

Crewman Helm




いまさらですがCrewman Helmを入手。







その名の通り、CVCヘルメット風に大きく切り欠かれた耳周りが特徴です。

いかすぜ

MICH系ヘルメットよりライトな印象を演出できるので上手く使っていきたいところ。








ライナーはネット仕様。パッド仕様のものもありますがこっちの方が好み。







今回はKejoという米国の会社から取り寄せました。
ドイツのHCSも同じ形のヘルメットを出していますが、
製造元はどちらも南アのゼブラアーマー社だったり。









それはそうとこのチンストラップが曲者なんですよ。お気づきになりましたかね……








バラして展開するとこんな感じ。ファステックスとチンカップのポジショニングに痛恨のミス。
チンカップを寄せるためにストラップを無理矢理調整するのですが、バランスが良くない。









バージョン違いで、この頬にリングの付いたタイプなら大丈夫なのでは。
ファステックスではなくドットボタンで装着するので大きな片寄りはないはず。








(@Best Protection)

べスプロことBest Protectionにリングタイプがあるようなので手配。

パッド変換キットだけど、まぁまぁええわ。









ちょっと待って、なにこれ。








べ ス プ ロ ゥ ァ ア ” - ッ (ドガシャア)



もう許さねぇからなぁ?

ちなみにネット仕様とパッド仕様ではちょっと構造が違う。










ゼブラアーマーをキーワードにしてeBayを漁ったら出てきたわ。

日本に送ってくれないのでドラえもんに泣きつくのび太よろしくセカイモンに泣きつく。










そうそうこういうのだよ。最初からこれで売ってくれよ……

リングがSMグッズ的アトモスフィアを醸しててセクシー。









そもそもCrewmanはOMEGAチーム用に買ったものなんですよね。
ここではほとんどリングタイプのチンストラップが使われているので◎









参考にファステックスタイプのチンスト。調整次第では使用に差し支えないわけですが……








それでもよく見るとチンカップが片寄ってることが多いですね……







民生ナイロンとの相性が良いのでわりと幅広く使えます。

ちょい昔のEGBにも適用できる優秀な素材ですね。






Tschüs!!
  

Posted by Nekotin at 19:29Comments(0)ヘルメット